試合情報

レクタングルバナー

先乗り情報局

TOP > 試合情報 > 先乗り情報局

横浜DeNAベイスターズ

8.23(TUE)24(WED)25(THU)

京セラドーム大阪

苦難を乗り越え、チームは上り調子で遠征から戻ってきた。新型コロナウイルス感染による主力の離脱に悩んだが、18日に中野が復帰して連敗を止めると、19日には大山も復帰。4連勝中のナインに矢野監督は「本当に悔しい、苦しい時があったけどチーム全体で諦めず、4連勝を続けてくれた。これからの戦いにも大きい」と目を細めていた。次の相手も手強いが「相手を見るより、自分たちがしっかり自分たちの野球を。諦めない野球を」と宣言した。

2位のDeNAは絶好調だ。現在6連勝中で8月は14勝2敗。2週間前とは順位が逆転し、3位の阪神が5ゲーム差で追っている。ただ、23日から虎には大きな戦力が戻る。11日にコロナ陽性となってチームを離れた近本が復帰。22日は鳴尾浜で実戦形式の練習もこなし、矢野監督と井上ヘッドも様子をチェックした上で正式に合流が決まった。さっそく指定席の「3番・中堅」で再出発する予定。指揮官も「チーム全員で戦うというところに、近本が帰ってきてくることがさらなるプラス」と期待した。

近本はこの日のシート打撃で安打を放ち「ボール自体はよく見えていたので、あとは反応できるかどうか。やれることをやるだけです」と集中した。決して万全とはいえない状況。それでも隔離期間中も素振りなど可能な限りの練習で備えてきたという。その頼もしさは言うまでもない選手会長。中野、大山と同じように勢いをつけてくれるはずだ。


先発陣は青柳、伊藤将の左右の柱に加え、18日に2か月ぶりの一軍登板で8連敗を止めた西純が強力打線に立ち向かう。まずは青柳が先陣。「本当にいい打者が多く、一番警戒しないといけないチーム」と常に語るDeNAには昨年から7連勝中だ。

特に4番の牧を「右打者では球界トップクラス。コンタクト率が高く、タイムリーや打点が多い。遅い球への対応もすばらしい」と認めるが、その2年目の強打者が3戦連続本塁打と好調。主砲を止めることが勝利への第一歩になる。

エースは「上に行くために、上のチームに勝たないと。しっかり勝てるように投げたい」と宣誓。2週間ぶりに主力がそろい、必勝態勢でカード初戦に挑む。

スケジュール

8/23 8/24 8/25
京セラD
神-ディ
18:00開始
京セラD
神-ディ
18:00開始
京セラD
神-ディ
18:00開始